« 頸椎ヘルニア | トップページ | バヌトン型 »

2006年7月28日 (金)

気を使うわ。

 朝起きてみると、少しふらついているものの、ほとんどいつも通りの動きに。

 お昼にはふらつきもとれ、しゃっきり歩いています。

 夜にはショートコースでお散歩にも行きました。

 

 

 かわい子ちゃんとの話し合いの結果「とにかくクーラーに気を付ける」事に。

 

 

 我次郎は元来暑さに強い子で、あっつい日にもハァハァ言いながら日向ぼっこをするような子です。

 でもいい年なんだし、あんまりハァハァするのって心臓に負担かかってるんじゃないの?

 かと言ってクーラー効かすのはヘルニアに良くないし。

 

 

 一体どうしたらいいの???

 

 

 結果、28度設定のクーラーをつけたり消したりつけたり消したり。(つけるってどの字????)

 とは言っても、我が家は高台にあるため、窓さえ開けていれば風が良く通りクーラーなしでも涼しいので、1日のうちクーラーをつけるのはせいぜい2時間ぐらいです。

 

 問題は窓を閉めるお留守番。

 

 O次郎が来る前は庭でお留守番だったので、涼しい通路と暑いデッキを行ったり来たりしながら自分で体温調節出来たのですが、家の中だとクーラーが効きすぎて寒すぎやしないか、それが気になって気になって。

 

 今までは、リビングのクーラーをつけ、廊下へのドアは開けっ放しにし、我次郎は暑い玄関と涼しいリビングを行ったり来たり出来るようにはしていました。

 

 でも、「玄関寒すぎてない?」「クーラー壊れてたらどうしよう?」と、買い物だってかわい子ちゃんの出勤前に済ませタッチ交代で誰かが居るよう、今までだってなるべくお留守番はさせないようにしていましたが、いよいよお留守番ナッシングな方向で。

 

 

 クーラーは最小限。そしてお留守番はさせない。

 当分遊びに行けないので、遊びに来てください。

 

 

|

« 頸椎ヘルニア | トップページ | バヌトン型 »