« 2006年8月 | トップページ | 2007年2月 »

2006年9月 1日 (金)

犬にⅢ

 毎日消毒に通っています。

 

 救急車で運ばれた次の日、保険証を持ち娘さんと一緒に病院へ行きました。

 保険で治療を受け実費を負担してくれることになり、送り迎えもしてくれることに。

 

 そして、別れ際に封筒を差し出されました。

 お金が包んであるらしいんだけど。 

 送り迎えもして頂くし、病院代さえ払って貰えれば良いですから、とお断りした。

 

 次の日会ったときは、とっても明るい表情だった。

 ドキドキされてたんだろうな。。。 

 病院までの短い道中も、犬の話でとてもリラックスされてたし。

 

 噛まれた次の日の散歩は、散歩コースを変えようか迷ったんだけど、我次郎の様子を見るためにもいつものコースで散歩してみました。

 

 我次郎、全然気にしていないかのように張り切って歩いてたけど、やっぱりそのワンコの家の前はいつもより早足で通り過ぎた様な気がします。

 

 ワンコの家の前と言っても、現場から道路を挟んだ向かいの歩道を歩いたんですけどね。

 我次郎にとって一番BESTな散歩コースだし、思ったよりビクついてないし、その場に行くたびにちょこっとおやつを上げて嬉しいイメージに持っていければ良いんだけど。

 

 ただね~、なんとなくお散歩で顔会わしたくないって言うか、なんて言うか、バツが悪いって言うか。

 どうして私がそう言う気持にならなきゃなのか自分でもよくわかんないんだけど。。。。

 

 

 

 散歩はいつも半パンで行くのに、包帯ネット(?)が見えないように長ズボンで行きました。

 散歩友達に「その傷どうしたの?」て聞かれたら、なんて言って良いのかわからなくて。。。

 

 「お宅のワンちゃん、ガジちゃんのお母さんを噛んだんだって?」なんて言われても悪いかな~って。

 

 なんだかとっても色んな事に悩むんだけど。

 なんだろ、気を回し過ぎなのかしら。。。。

 

 

 

|

« 2006年8月 | トップページ | 2007年2月 »