« 手術 | トップページ | 術後3日目 »

2007年6月25日 (月)

結果と面会

 昨夜8時に電話がありました。

 

 

 

 8割~9割は取れた。

 簡易的に調べてみたが、悪性の可能性が高い。

 正常な脳と腫瘍部分の境目がハッキリせず、細胞レベルで広がっている可能性が高い。

 手術自体は成功。

 明日面会に来ても良い。

 

 

 

 という内容でした。

 ・・・・・・良性ではなかった。

 

 けど、脳腫瘍と聞いた時、私の頭の中には「良性」の言葉はなかった。

 後から、あぁそうか!良性って事もあるよね!と気付いたんだった。

 そう思えば、最初に戻っただけ。

 いちいち落ち込んだって仕方ない。

 

 大丈夫。おーちゃん頑張ってるもん!

 

 

 今朝、10時半に面会に行って来ました。

 ゲージではなく、診察室を1つ潰してその中に居ました。

 「おーちゃん!」と声を掛けると、走って寄ってきました。

 が、通り過ぎました。

  

 まだおしっこしていないからと、すぐ近くの駐車場をウロウロしたのですが、普段引っ張らない子がグイグイと引っ張り、目的があって引っ張っている感じでもなく。

 

 名前には反応するけど、いまいちお父さんとお母さんの事も、物事もわかっていない感じです。

 

 でもこれは脳をいじった事による腫れが原因だから、ふしゅが治まればまた違ってくると思うです。

 

 

 

 ポロッと取れる腫瘍ではなく、ゼリー状の物だった。

 なので、全部は取りきれなかった。

 正常の脳にも細胞レベルでじわっと染みているようなので、敢えて危険を冒して無理して取るメリットがないだろうと。

 病理検査の結果が出てないからハッキリわかったことではないが、珍しい種類の癌かもしれない。

 もしそうなら、世界的に見ても症例が少なく、どの抗ガン剤が効くのかもわかっていない。

 術前と術後のMRIで時間がかかっているが、手術自体は3時間。

 年の割には麻酔からの覚醒も良いし、術後の経過も良さそう。

 手術による発作も大丈夫と思われる。

 これからのことは、病理検査が出てから。 

 土曜日までには退院出来るだろう。

 

 

 

 

 なんで、よりによってそんな珍しい癌に・・・・。

 

 なんとかかんとかって種類だったけど、聞き返さなかったですよ。

 聞いたって仕方ない。

 まだ検査結果が出たワケじゃなし。

 

  

 昨日連れて行った時はいつもよりどんよりした目だったけど、目はパッチリしてるし、グッタリしてるかと思ってたのにグイグイ引っ張るし、悲壮感がありません。

 

 エリザベスカラーの中の顔を覗いたら、耳の毛以外すっかり剃られて、“落ち武者”みたいで、思わず笑っちゃいました。 

 

 気持ちにそんな余裕が出来るほど元気でした。

 

 

 我が家でのおーちゃんの扱いは“フィーリングカップル5対5の5番目キャラ”で、いわゆるオチのお笑い担当。

  

 

 そんなおーちゃんのキャラに、お父さんもお母さんも、救われているんだろうね。

 お母さんが、こんなに前向きに強くいられるのは、おーちゃんのおかげ。

 おーちゃん、ありがとうね。

 

 

 

|

« 手術 | トップページ | 術後3日目 »