« 本日3回目の投稿 | トップページ | 術後46日目 母ぶっちぎり »

2007年8月 8日 (水)

術後45日目 かわい子ちゃん東京へ行く

 今日から3泊4日でかわい子ちゃん、東京出張です。

 

 例によって例のごとく、母がお泊まりに来ました。

 

 私1人で、でんと母の世話は・・・・てか、母だけでキャパギリギリ。

 でんはもこす家にお泊まりに行っていただきました。

 もこちゃん、ごめんね。(決して、でんちゃんゴメンネではない)

 

 

 かわい子ちゃんが居なく、その間自由!を楽しめばよいのに(普段から十分自由にしてるクセに)、夏はね、出るでショ、ヤツラが。

 

 

 夏の風物詩達。(名前を言うのもイヤ。)

 

 

 テレビを見ていても、ずーっと喋ってくる母。

 特に聞きたい場面で喋り掛けるんですよね。

 

 オチ部分とかで。(T_T) 

 

 母が見たい番組(主にテレビショッピング)を見、喋り掛けられて集中出来ずに本を読んでも同じ行を何度も読んでいる。

 

 母が昼寝をした隙に、お風呂に入った隙に、撮ったビデオを見たり、本を読んだり。

 だけど、年寄りって寝が浅いのね。(>_<)

 

 

 

 

 あぁ、すんげ不自由。

 

 

 と思っていたら。トイレから戻ってきた母が

 

 

 「マミちゃん、マミちゃんちって、○○○○が出るんじゃね~。」

 

 

 

 ○には夏の風物詩の正式名称?が入ります。

 

 

 

 「どーゆうこと!?出たって事!?」

 

 

 

 「トイレから飛び出してきたよ。」

 

 

 

 「それでどしたんっ!?」

 

 

 

 「パン!てした。」

 

 

 

 

 

 

!!(;゜Д゜)ノ

 

 

 

 

 

「潰したのっ!?スリッパで!?」

 

 

 

 潰すと中身が出るじゃん!

 スリッパを処分してもらわんととイケン!←自分じゃ出来ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「手で。」

 

  

 

 

 

 ( ゜Д゜)

 

 

  

 

 ティッシュを1枚持っていこうとする母に10枚ぐらい持たせ、ウェットティッシュを持たせ、除菌スプレーを持たせ、後片づけに行っていただきました。

 

 

 

 「そうそうマミちゃん、潰した場所はね~」 

 

 

 

 「言わんでよしっ!」

 

 

 記憶からなくなるまで、夏の風物詩が居た場所は、決して触らない、通らない、掃除もしない。

 

 庭の排水溝に至っては、いつまでも覚えているので、どれほど苔が生えていようが決して掃除をしません。( ̄^ ̄)

 

 

 過剰に反応する私に

 

 

 「なんでかね~?お兄ちゃんも逃げ回るんよ。」

 

 

 

 お母さん、それはね

 

 

 

 私たちが子供の頃、父が捕まえては「右の足と左の足とどっちが強いかな~?」「右の触覚と左の・・・・」

 

 

 

 思い出すだに恐ろしい。 

 ○○○○残酷物語。

 

 

 助かった。お母さんに泊まりに来てもらって良かった。

 これだから止められない。

 

 

 後3日、お母さん、どうぞよろしく。 

 

 

|

« 本日3回目の投稿 | トップページ | 術後46日目 母ぶっちぎり »