« お散歩訓練始めました。 | トップページ | 心の傷は »

2008年11月14日 (金)

でんの災難

 昨日の日記で、でんのお散歩時のガウガウっぷりを書きましたが。

 

 今日のお散歩で

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 でんが噛まれました。

 

 

 

 

 

 

 夜中に公園に人が居るなと、警戒してはいたんですよ。

 

 道路からは少し離れていて、よくは見えないけど、犬連れかもしれないし、でんが吠えないように、でんの注意を自分に向けるように軽くショックを入れながら。

 

 

 そしたら、「あっ!待ってっ!」と言う女性の悲鳴とともに、割と大きめのMIX犬が走ってきて、でんのモモをガブリ。

 

 

 

 でん、いつもなら離れている犬に

 

 「かかって来いやーっ!ガルルルルルー!」

 

 と威勢良く吠えるんですが、今回はよほどビックリしたようで

 

 「あっ!来ないでっ!あっち行って!ひゃうん!ひゃうん!」

 

 と、それは悲痛な叫びをあげていました。

  

 

 

 

 お母さんが見たところ、ほとんど歯は当たってなかったようだけど。。。。

 

 

 なんかね、でんのモモは女の子なのにスジばっていて、その子も噛める肉が無かったって感じでした。

 

 

 その子は、噛んだ後でんの周りを一回りして、飼い主のもとへ走り去って行きました。

 

 すぐに飼い主さんが「大丈夫でしたか!?」と

 

 

 

 

 

その子と一緒に現われて。

 

 

 

 

 でん、またもや「ひゃひゃひゃひゃーん!」と悲鳴を。

 

 一見したところ大丈夫そうだったので、「大丈夫みたいですから。」と悲鳴を上げるでんを引きずるようにして離れました。

 

 

 その子が見えない所まで離れ、明るい外套の下へ連れて行き、噛まれたモモを調べてみましたが、傷はなさそうでした。

 

 

 

 

 それより気になるのは、心の傷ですが。

 

 

 

 

 今回のことで、「来る前に行くべし!」と、もっとガウガウにならなきゃ良いんだけど。。。。

 

 「怖い思いをして可哀想に、可哀想に」とでんを撫でながら、「ガジちゃんじゃなくて良かった」と思っていたことはでんにはナイショ。^_^;

 

 

 その場に我次郎もいたんですけどね、白いからでんの方が目立ったみたいで、我次郎には一瞥もくれず、でした。

 いやホント、我次郎じゃなくて。。。 

 

 Pic_0372  

あたしゃ心臓がキューッてなっちゃうとこだったよ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« お散歩訓練始めました。 | トップページ | 心の傷は »