« 悩ませる結果ばかり | トップページ | 畑へ »

2009年4月11日 (土)

病院へ行ってきました。

病理検査、2ヵ所出して違う答えが返ってきました。

 

 

とは言え、先生方の見解は、肥満細胞腫ではなく、肉腫であろう、と。

 

肉腫なら、抗がん剤は有効ではなく、手術をしないならなおさらである。

 

肥満細胞腫はステロイドが有効だが、肉腫では有効ではない。

 

 

今日も長い時間かけて相談させていただきましたが、結局

 

 

どうせ有効でないのなら、抗がん剤もステロイドも使わず、鎮痛剤だけで頑張る。ことになりました。

 

 

骨肉腫でも、軟骨肉腫でも繊維肉腫でも、どれにしても抗がん剤を使わないならハッキリさせる必要はないそうです。

 

 

そりゃそうですよね。

 

 

でも飼い主としては、病名がハッキリしないのは今後出てくる症状がわからず不安だし、なんて言うか、我次郎の体の中で何が起こっているのか知りたいと言うか。。。。 

 

 

でも、今後の治療に関係ないのなら、全身麻酔で一部組織を取って・・・なんて我次郎の体に負担をかけてまで病名をハッキリさせなくても、ね。

 

 

とは言え

 

今日、部分麻酔をして、太い針で刺してまた病理検査に出すことに。

 

なったんですが

 

「麻酔の注射と太い針さすのと同じくらいの痛さだから、この子なら局所麻酔なしで」

 

て事になり。

 

 

我次郎、相当痛かったらしいですわ。^_^;

 

ごめん。ホントごめん。もうせんけ。ほんまもうせんけ。(>_<)

 

 

 

電話をした水曜日から、ステロイドを量を減らしながら切って行ってます。(肉腫だと結果が返ってきたから)

 

来週月曜日で完全に切れるので、1日おいて水曜日から鎮痛剤を飲み始めます。

 

 

結局、積極的な事は何もしないことになりました。

 

ですが、今は、それで良かったような気がしています。

 

 

ゆっくり、ゆっくり進んでくれて、病気を待ったままだけど、結局老衰だったね、と、どうかそうなりますように。 

 

どうかずっとご飯が食べれますように。

 

どうかどうか、痛みが来ませんように。

 

 

 

 

 

 

|

« 悩ませる結果ばかり | トップページ | 畑へ »