« 往診。 | トップページ | 2010年 »

2009年12月31日 (木)

写真を撮る気になりません。(T_T)

昨日、往診に来ていただきました。

 

 

やはり、脱水症状が出ているそうです。

 

 

出来る事は、点滴か、鼻から胃へチューブを通し、流動食やミルクやポカリを注射器で注入する、の2つ。

 

 

先生とも相談し、悩みましたが、導入を決断。

 

 

胃が悪くて食べないのなら、すぐにか、次の日か、吐くそうで、その時点で止めます。

 

 

もともと点滴は、ブドウ糖とビタミンで気休めにしかならず、その点、吐かないのなら、導入の方が栄養は取れる。

 

 

病院は今日までなので、点滴はするとしても今日だけ。

 

 

導入なら、チューブは入れっぱなしなので、自分で家で出来る。

 

 

 

 

昨夜の様子を見ていて、楽にしてあげたい、と思いました。

    

口の中のネバネバをなくしてあげたい。

 

喉の奥にからんだゴロゴロをなくしてあげたい。

 

お水を飲ませてあげたい。

 

鼻を通してあげたい。

 

 

 

とにかく、水分を取ってもらいたかったです。

 

導入したら、楽になれるんじゃないかと思いました。

  

 

 

今までは、痛い思いをしてまで、と思っていましたが、いざとなると、チューブで栄養を取ってまで、息をしてさえくれれば、とも思ってしまいます。

 

 

欲深いです。

  

でも、私より、意外にかわい子ちゃんの方が欲深いことが判明。^_^;

 

 

 

 

    

 

脱水症状をそのままにする気にはならなかったこと。

 

我次郎の様子が、おーちまんの時とは違うこと。(寝たきりになってとうとう1ヵ月経ち、その上、息も穏やか。)

 

今日、明日ってんならチューブを通してまでとは思うけど、飲まず食わずで1週間頑張る子もいるって前に先生から聞いたけど、我次郎の場合はそうなりそうな予感がすること。

 

先生が、「チューブを入れる時は嫌がる(部分麻酔を先にお鼻にチュッとします)けど、入ってしまえば、気にしないと思うよ。」と言われ、「これだけで1ヵ月頑張る子もいる。」と言われたこと。

 

 

こんな理由から、導入に踏み切ったわけですが。

 

 

見た目がね・・・・・・・。

 

 

一番邪魔にならないトコってんで、チューブが顔の真ん中にテープで張り付けてあるんですよ。

 

 

痛々しい・・・・・・・・。

 

 

 

そして、ミルクやポカリや、粉状の溶いて使う流動食を導入しています。

 

水分は一日一リットルだそうです。 

 

これで勢いが付いたらご飯を食べるかもしれないから、試してみるようにと言われました。

 

 

 

    

導入してみて、あれでも口の中のネバネバは少なくなりました。 

 

そしてなんと、自分でポカリを飲んでくれました!!

 

口から飲んだおかげで、喉の奥に絡みついてる物も取れたらしく、ゴロゴロ言わなくなりました。

 

 

 

ただ、鼻は相変わらず詰まっていて、息が苦しそうです。

 

肺の音は悪くないから、肺転移はしてても、呼吸に影響はないとのことで。

 

骨肉腫はすぐに肺転移するっていわれてるのに、折角影響ないはずなのに。

 

     

    

 

鼻づまりの原因は、やっぱり乾燥しているからだと言われ、かわい子ちゃんを電気屋に走らせました。

 

加湿器、窓がくもってやれんです。

 

 

    

      

 

鼻、昼間は割合通っていて、よく寝れるし、息も穏やかで、目も大きく開けてキョロキョロとし目力もあり、表情があります。

 

ただ、夜は両方、完全に詰まってしまいます。

 

かなりしんどそうです。

 

 

 

おとついも交代で寝て、どっちかが鼻息を確認しながら(だからテレビは付けれません)ジーッと我次郎を見ているようにしてるんですが。(それほど不安です)

 

 

昨夜は、危ない時が何度もあり、寝てるかわい子ちゃんを何度も起こさなきゃいけないことがありました。

 

 

もうダメかと何度も思いました。

 

 

 

でも、今は、鼻が通って、穏やかに、気持ち良さそうに寝てくれています。

 

 

 

あの鼻づまりさえなきゃ。。。。

 

 

 

爪や、耳かきや、ピンセットで、手前にきてるは取ってやります。

 

取ると、本当に楽そうです。

 

 

 

 

 

 

見た目があれなので写真を撮る気にはなりませんが、我が家では「ガジちゃんは何付けてても可愛いね~~~♪」とべた褒めされています。(笑) 

 

   

  

 

 

 

|

« 往診。 | トップページ | 2010年 »