« それなりに穏やかな日々。 | トップページ | 応援 »

2010年1月 6日 (水)

無呼吸症候群?????

一昨日の夜はしんどそうで、今度こそもうダメかと思いましたが、朝には持ち直し、昼にはご機嫌さんでした。

 

 

ご機嫌さんと言っても、もちろん、しんどいんでしょうが、目をパッチリ開けて表情があり、穏やかな息で、鼻が詰まった時以外は口で息をすることもありません。

 

  

ただ、夜寝れなかったぶん、昼間は熟睡モードで、頻繁に息が止まりました。

 

 

 

かわい子ちゃんが、呼吸が止まった時にいつも起こすタイミングを少し我慢して見守っていたら、プハーッ!て感じで息を再開したそうです。

 

 

 

やっぱり、無呼吸症候群?

 

確かに、喉のブツがかなり大きくなってるし、横向きに寝てないから、気道を圧迫してるのかもしれません。

 

でも、いびきはかいてないし、我次郎の場合、段々息が小さくなって止まってしまうんですけどね。

 

 

なんにしても、今日からかわい子ちゃんが仕事なので、ほんの少しだけ安心しました。

 

 

でも、毎回息が戻るとは限らないので、なるべく目を離さないように頑張ります。

 

 

 

昨夜は鼻が詰まって、なかなか通らず、ほとんど寝ていません。

 

なので今(お昼前)も熟睡しています。

 

 

 

 

 

 

 

昔懐かしい写真です。

 

 

助手席で人間用のシートベルトをしています。

 

  

 

 20020506

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我次郎は子供の頃、車酔いをする子だったのですが、助手席に乗ると酔わないことが判明。

 

 

以来、助手席が定位置になりました。

 

 

私は免許取り立てのほやほや(なんせ、我次郎が来た時は取りに行ってた最中でした)で、かわい子ちゃんも運転がアブナカシイ^_^;ので、助手席からちょっかいをかけられたら非常にキケンです。

 

 

なので、運転中はジッとしていること、クンクンと運転者の腕を匂いに来てもいけない。

 

 

このルールを、まだ3ヵ月くらいだったのに、ものの2、3回注意しただけで覚えてくれました。

 

 

でも、我次郎が勝手に作ったルールでは、車が止まるとこのルールの範疇ではないらしく、信号で止まると、「お父さん(運転者)撫でてheart01」と、なよっと崩れ、お腹を撫でやすいように少し足を開きます。

 

 

そして車が走り出すとまたシャキッと座ります。

 

 

可愛かったな~。

 

 

 

実家の車も、兄貴の車も、うに車でも助手席に座ってました。

 

 

伏せが出来るように、シニアになってセカンドの足元に長ざぶを敷いて乗せるようになり、寝たきりになってからはセカンドを倒してフラットにして乗せました。

 

 

こう考えたらどんどん後ろに行ってるな。。。。

 

 

 

おーちまんも助手席に乗せようって話があったんですが、左の視界が100%おーちまんになること請け合いなのでやむなく断念。

 

 

前にピレが助手席に座ってるのを見たことがあるですよ。

 

多分、助手席を取っ払ってたんでしょうが、なんせ胴が長いから、やっぱり大きかった。(笑)

 

 

でんでんは普通車なら後ろのバリケン。軽ならラゲッジルームです。

 

軽の時は視界が良いもんだから、犬見たら吠えるですよ。

 

 

・・・・アイツ。(-_-メ)

 

 

 

  

 

また鼻が詰まってきました。

 

 

にっくき鼻水です。(>_<) 

 

 

 

 

 

 

|

« それなりに穏やかな日々。 | トップページ | 応援 »