« ファイト! | トップページ | ドラマ »

2010年6月30日 (水)

ある夜の出来事。

ワールドカップ、日本残念でしたね。

 

さすがにリアルタイムで見ました。

 

寝不足の我次郎の母です。

 

 

 

 

O次郎を介護してた時だから、2年くらい前の話なのかな。

 

 

真夜中の3時くらいに、二人がかりでO次郎をトイレに出した時。

 

 

ウチの庭の高いのり面の下の道路(わかりにくくてスミマセンsweat01)に、パトカーと救急車が止まっています。

 

 

見ると、どうやら自損事故らしく、乗用車が一台止まっています。

 

 

中にはまだ運転席に人が乗っているらしく、ハッチを開けて担架を差し入れ?たり、後ろのドアを開けて救急隊員さんが覗きこんだりしています。

 

 

 

次々とパトカーが来て、パトカー計4台。

 

 

もう一台救急車も来て、なんだか大事です。

 

 

 

 

警察官の人は、ガソリンがもれていないか(だと思う)、懐中電灯で車の周りをかなり広範囲に確かめています。

 

 

救急隊員さんは、一人が大きな声で支持を出し、残りの人はあちこちから顔を突っ込んで、運転席の人を誘導したり説得したりと話しかけています。

 

 

つまり、意識はあるんだけど、動くと痛いのかな。

 

 

でも、引き出そうにも、やっぱり痛がるのか、救急隊員さんは、助手席にまわってみたり(運転席のドアは開かなくなってるみたい)、後ろのドアから覗いてみたり、はたまたハッチからもぐりこんでみたり。

 

 

担架もあっちに用意したりこっちに持ってきたり。

 

 

そんなこんなで30分は経ったでしょうか。

 

 

することない警察官と救急隊員さんがボーっと見守る中、ずっと支持を出していた人が

 

 

 

 

 

  

 

 

 

「いい加減にしなさい!」

 

 

 

 

 

と叫んでほどなく、

 

 

運転席の人、自力で歩いて出てこられました。(笑)

 

 

 

 

たいして痛くもないのに、大げさにしてたんだろうな~。

 

気持ちはわからんでもないけど。^_^;

 

 

いや、30分、よく頑張りました。

 

 

どっちもね。

 

 

 

 

でも、何事もなくて、本当に良かったです。

 

 

ただ、ガソリン漏れてたらどうしたんだろう。

 

砂でも掛けるのかな??? 

 

 

 

 

 

 

|

« ファイト! | トップページ | ドラマ »