« 夏休みも終わりましたね。 | トップページ | 夢 »

2010年9月 2日 (木)

面白いけど面倒くさい。面倒くさいけど面白い。

今年49歳のかわい子ちゃん。

 

 

かわい子ちゃん、年取ってよくご飯をこぼすようになったな、と思っていましたが。

 

もっと年取ると 

 

 

ご飯をこぼしたことに気付かなくなりました。 

 

 

 

「ご飯こぼしたよ。」

 

「えー、こぼしてないよ。・・・ほんまじゃ。」

 

 

こんな会話は日常茶飯事。

 

 

こんちくは、我次郎の母です。

 

 

 

 

ヒヅメはサークルから持ち出し厳禁の我が家。

 

でんも、わかっちゃいるけど、たまに挑戦してきます。

 

 

先日は 

 

ヒヅメを咥えて、サークルの出口で下を向いてジッとたたずんでいるでんでん。

 

意を決して、サークルの外に一歩足を踏み出そうとしたので、「いやいやいやいや。」と言うと、踏みだした足は戻し、そのままジッと私を見つめます。

 

 

「ムリムリムリムリ。」と言うと、クルッと振り向いて、サークルの一番奥にヒヅメを置き、走って出て来ました。

 

 

しっぽをフリフリしながら、もぐりついて来ます。

 

多分、ご機嫌取り。

 

「ヤダー、お母さん。冗談じゃなーいbleah」て感じで。

 

 

一度言うとかたくなまでに守ってくれる素直な我次郎と違い、駆け引きをしてくるでんでんは本当に面白いです。

 

  

  

 

 

でも、出来ればいちいち挑戦してこんで良いから、一回で言うこと聞いてくれれば良いと思う。(-_-;)

 

 

 

 

 

 2010_0818_135720pic_0111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 夏休みも終わりましたね。 | トップページ | 夢 »