« お久しぶりすぎますね。 | トップページ | 子は親の鏡。 »

2012年3月 9日 (金)

ギュッ♪

長らく留守にして帰ってきて何が楽しみかって、やっぱり「犬の反応」ですよね♪

 

 

喜んでくれるかな~?とウキウキし、でんでんの事だから反応してくれるのか?と少しだけドキドキし(笑)、リビングに入ると。

 

 

いつもはむこう向いてる(アイツ振り向きもしやがらないんスよっ!)でんでんなのに、サッと立ち、ゆるゆるとシッポを振りながら真ん前に来て私の足に胸をピタリと添わせ、クッと顔を見上げながら片手を私の足に引っかけてギューッて抱き寄せてくれました。

 

 

 

 

正面にピッタリ引っ付いて座って、片手を私の足に引っかけて引き寄せるようにギュッとするこの抱き抱き、子供の頃は嬉しい時によくしてくれたんですが大人になるにつれてしなくなっていました。

 

 

 

でんでんなりに、よっぽど嬉しかったらしいですheart01

 

 

 

ぴょんぴょん飛んだり千切れんばかりにシッポを振ったりというわかりやすい喜びの表現ももちろん嬉しいですが、飼い主にしかわからないだろうな~という喜びの表現も、特別な関係のような気がしてまた嬉しいもんです。(*^_^*) 

 

 

ちなみに、怖い人や怖い物がある時は私の横にピタリとくっついて片手を私の足にギュッと引っかけて正しくしがみ付いてました。

 

 

やっぱり大人になってしなくなったけど、あれ可愛かったなheart01

 

 

 

 

あ、あと、テレビ見たり変な音を聞くと不思議そうに小首を傾げてたのも、大人になるとしなくなりました。

 

 

子供の頃って、不思議が沢山あって、すっごく嬉しかったりすっごく怖かったり、感情の起伏も激しかったんでしょうね。

 

 

それが段々大人になり、不思議がなくなり冷めていく、というか。

 

 

 

犬も人間も一緒ですね~。

 

 

Pic_02061

 

でんでんにもこんな小さい時があったんです。

 

 

 

 

 

 

 

                          

 

 

 

 

てか、我次郎がイヤそうな顔してますね。

 

 

「まさかこの犬ここに居付く気?」て感じでしょうか。(^-^;

 

 

|

« お久しぶりすぎますね。 | トップページ | 子は親の鏡。 »